NEWS

『7月6日 ナンの日』にムンバイのナンを食べよう♪

7月6日が ナンの日ってご存じですか?
「ナン」の需要が高まる夏の始まりの時期であり、「ナ(7)ン(6)」と読む語呂合わせから決まったそうです^^

インドカレーが食べたいとき、
もしかして、ナンが食べたいときじゃないですか?

6/27~6/30の4日間、Cool Mumbaiでナン+チーズナンのセットが760円で登場します!
(通常価格870円)
ムンバイの美味しいナンをお得にGETして、ご自宅やオフィスでナンを楽しもう!

小麦とバターの香り、ふんわりもちもちの食感、手でちぎって食べる楽しさ
そのままでも美味しくて、カレーとの相性も抜群!
店舗でも、冷凍便のレビューでも圧倒的人気のムンバイのナン&チーズナン♡

【取材された過去記事より】-----------------------------------------
「特筆したいのは、ナンのおいしさ。小麦粉からこだわり、タンドール窯で香ばしく焼いたナンは、内側はモチッと外側はカリッと仕上がり、ナンピザなどにアレンジしてもおいしくいただける。」
-----------------------------------------(dressing : WEBメディア )
https://www.gnavi.co.jp/dressing/article/22907/

おいしさの秘密はお店と「同じ」をお届けしているから
同じ材料=保存料不使用

同じ製法=高温のタンドール窯で一気に焼き上げている

同じ味=おいしさを保てる冷凍保存でお届け

タンドール窯は、ナンを焼く際に必要な壷型オーブンのこと。
入口がすぼまった大きな壺形で、内部を400~500度まで加熱し、
窯の内側に生地を張り付けてナンを焼きあげます。

インドの宮廷料理であるナンは、
実はインド現地より日本でのほうが広く親しまれているんです。

ナンを焼くのに必要なタンドール窯は、家庭にはありません。実際に現地(北インド)で食べられているのは、フライパンで焼くことができる「チャパティ」と呼ばれる丸く薄いパンあり、ナンは日常食ではないから。

ということは、宮廷料理が手軽に
ご自宅やオフィスで楽しめちゃう!ってことでしたー!!!

ではでは
ムンバイ自慢の ふんわり モチモチ ナン&チーズナンを
どうぞ 召し上がれ✨